掲示板(コロナウイルス関連)


■ 自閉症スペクトラムの特性を持つ方のご家族、当事者の方、関係者の方を対象に設置しました ■
■ コロナウイルス対策関係で、お困りのこと、工夫されていることなどがあればご紹介ください ■
■ 管理人が不適切と判断した場合、削除させていただくことがあります。ご了解をお願いします ■

[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ(ハンドル名)
Eメール(任意)
タイトル
メッセージ  
参照先(任意)
暗証キー(任意) (英数字で8文字以内)
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
TEACCH Tips 投稿者:トチタロ 投稿日:2020/05/07(Thu) 13:48 No.96   [返信]
下で紹介した、現在10番まで追加されている TEACCH Tips 原文のページです。(URLが記載できなかったの補足します)

https://teacch.com/resources/teacch-tips/

TEACCH Tips (TEACCHヒント集) 投稿者:トチタロ 投稿日:2020/05/07(Thu) 12:38 No.95   [返信]
以前、NO.29で羽衣さんが紹介された、川崎医療福祉大学のTEACCH部の先生方の訳による「不確実な時に自閉症の人たちを支援するということ」ですが、それに続いて同じ諏訪先生、下田先生、小田桐先、重松先生により、「TEACCH Tips (TEACCHヒント集)」が紹介されています。

緊急事態宣言が延長され、いまだ臨時休校のため、ご家庭でいつもと違う状況におかれて戸惑っている自閉症児のお子さんも多いと思います。

「この変化の時に自閉症の人たちを支援するために」と紹介されているヒント集ですので、ぜひ活用していただければと思います。

なお、紹介文の中で「そして、本文中にもありますが、今後も付け足されるようです。現に、僕らが翻訳を始めた時は5つのヒントだったのに、訳している間に6つ目が付け足されました。(笑) 」とあるように、リンクされている原文のURLの方では、もう10個目まで増えていますので、英語に自信のある方には、こちらも紹介します (^_^)

ちなみに、私たちの会では、諏訪利明先生には、昨年、一昨年と2年続けて、連続10回の支援者向け講座をお願いしました。今年は、小田桐早苗先生に連続10回講座をお願いしています。
改めて「掲示板」の方で紹介しますので、支援者の方で興味ある方はご覧下さい。(コロナの関連で最初の頃はZoomによる講義になりそうですが・・・)

https://w.kawasaki-m.ac.jp/data/6312/topicsDtl/

見て 聞いて すぐわかる〜新型コロナ情報サイト開設! 投稿者:kokoro 投稿日:2020/05/04(Mon) 10:16 No.83   [返信]
5月1日に、私たちNPOこころのリカバリーは、情報サイト「News for Autistic People Japan(NAPJ)」を公開しました。NAPJは、自閉症・発達障碍を含む「すべての人がアクセスできる新型コロナ情報サイト」を目指しています。
https://napj.mind-recovery.org

厚労省から新型コロナ禍の依存症対策事務連絡 投稿者:奥入瀬 投稿日:2020/05/01(Fri) 23:11 No.75   [返信]
5月1日 厚労省から新型コロナウイルス感染症に留意した依存症対策についての事務連絡がでています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000627325.pdf

支給決定での医師診断書について 投稿者:奥入瀬 投稿日:2020/05/01(Fri) 23:06 No.74   [返信]
4月30日厚労省からの事務連絡。
通所給付及び入所給付の更新をする場合、医師の診断書の添付を省略できることを連絡しています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000627307.pdf

無題 投稿者: 投稿日:2020/05/01(Fri) 16:34 No.73   [返信]
アビガンを使え!日本医師会の会長も言っていた。アビガンを使えるようにしてほしい。しかしなぜかアメリカのレムデビルが優先。アビガンは中国ではガンガン使って効いていて、トルコやドイツなどに配って、効果があるらしい。
 この国のマスコミはおかしい。レムデビルの副作用について、昼頃では半数以上、肝機能、腎機能異常を引き起こしていると報道があったのだが、夕方になるとなぜか4分の1に変化し、今日は副作用について触れなくなっている。
 それに軽症者9割重症者6割改善するアビガンという報道が、軽症者中症者(突然出てきた言葉)に使い、重症者にはレムデビルを使えの報道に変化している。
レムデビルは早く治るという報告をアメリカが発表したが、イギリスはそんなことはないと発表している。もちろんマスコミはイギリスの発表をスルー。
 日本のマスコミは何としてもレムデビルを使わせたいようだ。まるでアメリカの製薬会社の宣伝機関だ。
 国会の答弁で、安倍はアビガンについて、個人が希望し、病院が許可すればつかってよいと言っている。
 私はコロナになったら絶対アビガンを使ってもらうように言おう。自分の健康を守るために。
9月入学も絶対反対。宮城の知事は何を考えているのか?秋になったら絶対収束しているのか?コロナに立ち向かわなければならない状況で、他のことに目をむけている必要があるのか?世界標準がどーのこーの言っているが、欧米にあわせるのが国際化だと思っているなら、それは違うことである。
 国際化とは日本の伝統文化を守り、独自のシステムを守ること。
 日本の学生は外国のブランドのことは知っていても、自国のことは知らないと嘲笑の対象になっている。欧米の圧力に負けるな!

コロナ菌の寿命について 投稿者:としちゃん 投稿日:2020/05/01(Fri) 07:44 No.72   [返信]
コロナ菌の寿命は長くて3日程度と書かれているように思います。防護服が足りないと聞きますが、コロナ菌の寿命より長く保管して再利用できないものでしょうか。
あるいは高温で殺菌するなど、再利用することを考えるべきだと思います。

感染防止のためのマスクの取り扱い 投稿者:サラダ 投稿日:2020/04/30(Thu) 20:42 No.71   [返信]
手洗やうがいの際に、マスクを外してポケットに入れたり、近くに置いて、手を洗った後で、またマスクの本体に触ってしまい、折角きれいにした手に、ウイルスを付けてしまい、感染を広げてしまうことが懸念されます。

マスク不足から使っていたマスクを捨てることが難しく、洗って何度も使う布マスクも増えていますので、このような問題が起きやすくなっています。

なかなか難しい問題で、完ぺきな対応は難しく、それぞれ、いろいろな工夫をしておられると思いますが、具体的な取り組みの例が次のアドレス(フェイスブック・4月28日投稿の記事)で紹介されています。

https://www.facebook.com/npo.clover.kosai/

精神保健福祉手帳の更新手続の医師診断書猶予 投稿者:奥入瀬 投稿日:2020/04/30(Thu) 11:29 No.68   [返信]
4月24日に厚労省は各自治体に以下の文書を出しました。
https://www.mhlw.go.jp/content/000625097.pdf
要約:精神保健福祉手帳の更新での医師診断書の提出を臨時的に猶予するというもの。
その結果、医療機関に行かなくても手続きができる。
医療機関に受診することなどを避けるためだそうです。
手帳有効期限が今年に3月1日から来年の2月28日までの人。

各地方自治体の窓口に確認したほうが良さそうですね。

在宅ストレス/東京新聞記事4月25日 投稿者:奥入瀬 投稿日:2020/04/30(Thu) 08:36 No.67   [返信]
発達障害児、窮地 在宅でリズム崩し自傷 親もストレス懸念
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042502000259.html

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
記事No 暗証キー

- E-PAD -